干し芋ダイエット口コミのまとめ!ダイエット方法と干し芋の栄養や効果など美味しい干し芋の食べ方も一挙公開!

BEAUTY

カロリーも糖質もある干し芋は、一見ダイエットには不向きだと感じられるでしょう。しかし、干し芋にはビタミンやミネラル、食物繊維、そしてさつま芋にしか含まれていない体内の消化、吸収、排泄を助ける作用のあるヤラピンなど豊富な栄養素が含まれています。さらに、GI値も低く、急激な血糖値の上昇も防いでくれるので、腹持ちもよい食べ物です。よく噛んでゆっくりと食べることによって満腹感があります。効果的な食べ方で干し芋ダイエットを成功へと導きましょう。

気になる干し芋ダイエットの方法とは?

干し芋ダイエットには、主に2つの方法があります。

1.主食に置き換え

ご飯やパンなどの主食の代わりに干し芋を食べます。干し芋はご飯やパンよりもカロリーが低く、GI値も低いのでそれだけでダイエット効果が期待できます。

2.食前に食べる

干し芋を食事の20~30分前に食べることで、ある程度お腹を満たすことができ、その後の食事の量を自然に減らすことができる方法となります。

干し芋を食べる量の目安は?

ダイエット中の置き換えやおやつとして干し芋を食べる場合、どれくらいの量を食べるのがよいのでしょうか。干し芋はさつまいもが原料のため脂質は少ないものの、糖質は含まれています。食べ過ぎてしまうとカロリーオーバーになるので、摂取量に注意が必要です。置き換えの場合の目安は50g程度がよいでしょう。また、おやつとして干し芋を食べるなら200カロリー以内にして下さい。ダイエット中の間食は200カロリーにすると、ダイエット効果にあまり影響がなく、ストレスを解消することができると言われています。

体に嬉しい干し芋の栄養価!

食物繊維

干し芋100gに含まれる食物繊維の量は5.9gです。これは1日に必要な食物繊維量の1/3の量です。消化されにくい食物繊維は毎日のお通じをサポートしてくれる大切な役割を持っています。干し芋は食物繊維がバランスよく含まれているため便秘予防や改善にとても適しています。

ビタミンE


ビタミンEは血行を良くすることで、栄養をスムーズに体全体にいきわたらせたり、悪玉コレステロールの酸化を防いでくれる効果もあります。

ビタミンB2

脂肪燃焼のためには代謝をあげることが大切になってきます。ビタミンB2にはそんな代謝をサポートしてくれる役割を持っています。

カリウム

むくみをとるための体内の水分調節には、ナトリウムとカリウムをバランスよく取り入れることが必要で、その不足しがちなカリウムを干し芋から摂取することができます。干し芋のカリウムで身体の水分を出すことで、むくみが改善されます。

マグネシウム

マグネシウムの役割として重要なのが、消化や吸収を行う酵素がきちんと働くことで代謝をサポートしてくれるという点です。ダイエット中はマグネシウムが不足してしまいがちなので、干し芋から摂取するようにしましょう。干し芋にはダイエット中の方に嬉しい栄養素がたくさん含まれており、厚生労働省が定める1日に必要な栄養素を干し芋からとることも可能なんです。

美しく痩せれる!干し芋ダイエットの効果!

便秘解消効果

干し芋ダイエットで摂取できる栄養素に食物繊維があります。干し芋100g当たりに含まれている食物繊維の量は6gです。豊富な食物繊維で得られた便秘改善の効果は、口コミでも多く寄せられています。また、食物繊維には糖の吸収を緩やかにする働きもあります。ゆっくりとよく噛んで食べることによって、血糖値の急上昇も抑えられます。 

代謝促進の効果

干し芋ダイエットで得られる栄養素に、ヤラピンがあります。ヤラピンは野菜のなかでもさつま芋にしか含まれていない栄養素でさつま芋を切った時に出る白い汁がその成分です。効果は、体内の消化、吸収、排泄を助ける作用によって、胃の粘膜の保護や腸の働きが促進されるなど、便秘解消効果や新陳代謝が活発になることが期待できます。

むくみ解消の効果

干し芋ダイエットで摂取できる栄養素にカリウムがあります。カリウムは、体内の水分調整を助ける働きがあります。カリウムは、体内にある余分な塩分や水分を体外へと排出してくれます。また、むくみの解消の効果も期待できるといわれています。また、ダイエット中にカリウムを摂取すると脂肪燃焼効果が高まるという報告もあります。

焼いてよし!揚げてよし!美味しい干し芋の食べ方

昔からの保存食として知られている干し芋は、近年現代人に不足しがちな栄養素を多く含むことから健康に良い食品として、スーパーやコンビニでも比較的お手頃価格で手に入るようになっただけでなく、家庭用の電子レンジやオーブンレンジの機能が向上したことによって、家庭でも手軽に作れるようになりました。しかし、健康に良いと頭では理解していても同じ食べ方ばかりで飽きてしまったり、干し芋そのものに苦手意識を持っている人も多いでしょう。現代人に不足しがちな栄養を摂取する以外にも、普段の食事やおやつ、そしてダイエットなど目的別の調理方法を知っておくだけで、美味しい食べ方だけでなく普段の食卓でのメニューの幅も拡がります。

トースターで香ばしく

一般的に干し芋の食べ方として多いのは、オーブントースターやグリル、ストーブの上でこんがりと焼く食べ方です。焦げないように気を付けながらこんがりとキツネ色になるまで焼くだけととてもシンプルな手順ですが、冷めないうちに食べることでほくほくと柔らかくなるだけでなく甘みや香り、さらには香ばしさも増すので、干し芋に苦手意識がある人も食べやすくなる食べ方といえます。

バターで炒めて絶品スイーツに

干し芋の美味しい食べ方の一つにバターで炒める調理法があります。甘じょっぱい味と短時間で簡単にできる手軽さから、普通の干し芋に飽きてしまった人に食べ方といえます。思わず病みつきになるほどの美味しさからついつい食べ過ぎてしまいがちですが、バターで炒めていることもありカロリーも高くなっているので、注意が必要といえる食べ方といえるでしょう。

揚げてもおいしい干し芋

干し芋の美味しい食べ方には油で揚げて砂糖をまぶす食べ方もあります。普通の芋ケンピよりも柔らかめの食感になり、冷めても美味しく食べることができるのが特徴です。地域によっては干し芋に衣を付けてから油で揚げて天ぷらにする食べ方をします。一口サイズで揚げたり、砂糖や蜂蜜と絡めて大学芋にするなど子どもに喜ばれるおやつにしたり、餃子の皮に包むことでレシピもアレンジしやすくなるので、普段の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

干し芋ダイエット口コミのまとめ

今回は干し芋ダイエットについて紹介してみました。干し芋ダイエットはなかなかネット上でも評判が見えてこないダイエットではありますが、おそらくこのダイエットのみを行っている人はそこまで痩せないのではないかと思います。基本的な考え方は摂取カロリーを減らすこととGI値を下げることにあると思うのですが、運動に対する項目が一切ないのが気になるところです。とにかく酷いほどに痩せた。などtwitterなどで見ましたが、間違いなく痩せるなら置き換え+運動が大事です。1日30分程度は有酸素運動ができる環境を整えることも重要でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました